鹿島の森で自然観察

お昼からは福井県と石川県の県境、吉崎は北潟湖の中に陸続きである小さな小島「鹿島の森」にて自然観察です。

◆鹿島の森はこんなところです。

鹿島の森は、標高30m、周囲600mで総面積は約3ha。南北に長く円阜状をなしたほぼ楕円形の樹叢です。古くは天台宗の霊場があり、そしてその後法華宗の道場があったため、神聖な鎮守の森として数百年来斧を入れられていない場所だそうです。タブ・スダジイ・ヤブニッケイなどの常緑広葉樹林がおおい、樹下にはカラタチバナ・べニシダ・ムラサキシキブなどが自生し、動物ではツルガマイマイ・アカテガニなどがいます。

鹿島の森は1938年(昭和13年)に国の天然記念物に指定されました。

これがアカテガニかな?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください